がんがんもんもん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんがんもんもん

話したいことは山ほどあるけど

君の名はを見る前に全力で妄想した話

知ってる事前情報

映画館でのトレーラー
ちょっとだけ震災っぽい描写が入る
のみのオール妄想です。

荒唐無稽な話を繰り広げてるので、見た方は全然はずれてやんのーって笑ってください。あと文章しっちゃかめっちゃかです。

 

いくぞー

 

えっと、まず男の子と女の子は夢の中で入れ替わる。
都会と田舎で入れ替わって、入れ替わりながら生活するうちにお互いのことが気になり始めて最後に会いに行くラブストーリー。

と、見せかけて!
たぶんあの二人が住んでるのは都会と田舎じゃなくてかつて2つに別れた表裏一体の世界。その2つの世界が映画中に合体というか同一化されて出会うことができる。んじゃないかと!思うんですよね!
ほら、降ってくる彗星も二又に別れてるし!1000年ぶりの彗星の来訪って言ってるので、1000年前に枝分かれした世界で。それが今回の彗星で統合される。みたいな。

そう!テイルズオブエターニア


f:id:gnmdki:20160831124323j:image

f:id:gnmdki:20160831124334j:image

キービジュアル見ると、これ背景とか空が地続きになってます。まあ離れてても同じ空の下にいるよ的なアレかもしれませんが。でも違う場所にいる表現なら、地面を合わせる必要は感じないですし。座標は一致してると思うんですよね。パラレルワールドか、時間差があるか。トレーラーでも同じ場所にいるのに触れ合えない的な描写ありますし。

彗星みたいなものが落ちてきてて、途中で枝分かれして女の子のほうへ向かってる。で、女の子のほうに枝分かれした彗星は男の子のほうよりあとに落ちてきてる。
予告の「あの日。星の降ったあの日」は流星群とかそんなかわいいもんじゃなくて、そのままだとガチで地球(日本)終わるレベルのもの。
「このままだと今夜、みんな死ぬ」ってトレーラーで言ってるし。男の子の世界は崩壊して、次は女の子のほうだみたいな示唆があるのかな??

トレーラーで気になるのは壁に囲われた世界?に住んでるような描写で。私にはあれクレーターに見えるんですよね。つまり、彗星の降ったあとなんじゃないかと。
もしかしたら男の子の世界が過去で女の子の世界が未来なのかもしれない。東京は彗星で滅んで名前はそのままに首都移転、そして女の子はかつて東京と呼ばれた街に住んでる的な。
なんか、男の子のほうでは場所を特定できるものが結構映り込んでるのに、女の子のほうは「田舎」だけで、どこって特定できるものがないのが気になるんですよね。(新宿に詳しいから特定できちゃうだけかもしれないけど)(島根にパソコンはない)
でもそれだと出会うことができないから違うかなぁ。うーん。男の子が大人になってタイムマシン発明して「会いに来たよ」エンドもありっちゃありか。

でも彗星の落ちてる高さ的に1000年とかそういうレベルじゃなくて一週間差とかで女の子のほうが未来なのかもしれない。
えっと、だから、男の子の世界で彗星が落ちてくるのを体験、確認→このままじゃみんな死ぬ!みたいな。
でもそうすると新宿の崩壊は止められない…?それは大変だ…

女の子の世界が1000年前で男の子の世界にいるときに歴史として学んでやばい!みたいなのもなくはないだろうけど、1000年前にしては技術が発展してるし、男の子のほうの世界も今よりものすごい未来って感じはないし。FFⅩとか新世界よりな、現代で何かがあって未来のほうが少し技術レベルさがってる世界観好きだから女の子サイドが未来だと喜ぶ。

女の子の髪型が何種類かあるのも気になる。世界線が違う?時系列が違う?結んでる紐がなにかしら関係してきそう。紐が二人を繋いでて、それを届けに行くことで記憶が戻るor滅亡を防げるとか。えーと、男の子が持ってた紐を置きにいって、それを女の子が拾うことですべてが始まるとか。ウロボロス的な。
もしくは次元を超えて存在できる的な。わからん。わからんが空気をラブコメからシリアスに切り替えるためのアイテムになりそう。

途中「三葉」って呼んでるのに「名前が思い出せない」ってなってるのも不思議。一回リセットかかってループする可能性もあるのかな。うっすらループの記憶引き継いでて、でも入れ替わりはしない二週目。
「このままだと今夜、みんな死ぬ」?「まだ間に合う」?
あーーーそもそもこの映画がバッドエンド迎えてからのタイムマシン発明してからの過去を変えて滅亡ふせぎにかかる二週目なのかもしれない。

 

うーん。わからん。自分が何を言ってるのかもわからん。
情報が少なすぎてなんとでも解釈できちゃう。

 

新海さんの背景大好きなので楽しみにしてます。
それじゃあ続きはまたあとで。